濡れ衣を着せられた!?

職場の人間関係で自分を守る、たった2つの対処法!

濡れ衣を着せられた!?</p>職場の人間関係で自分を守る、たった2つの対処法!

職場で濡れ衣を着せられたことは、ありませんか?

 

その仕事内容だと期日までに間に合わない。

進言したのに、聞く耳を持たない上司。

 

問題点に気づいているから相談したのに、聞き入れない。

いざ、上手く行かなかったら、

「あ~、コイツがどうしてもって言うので、この結果になりました」

と、自分の意見を押し付けていたことは棚にあげて、失敗を貴方になすりつける同僚。

 

こんなことがあると、

上手くいかないって、言ったでしょ!

出来ない内容を、無理にやれと言ったのは、お前だろ!

と、ムカつきますよね。

 

今回は、職場で濡れ衣を着せてくる、人間関係で困る上司や同僚についてお伝えします。

濡れ衣を着せてくる人は、人間関係の荒波をうまく立ち回ります。

貴方がなにもしないと、すべて貴方のせいになってしまいます!

 

この記事を最後まで読んで、簡単なstepを踏むと、相手の卑怯な考えを打ち砕けます。

長い文章ですが、最後までお読みください。

>>疎外感を感じる!!人間関係の2つの改善策

Advertisement

濡れ衣を着せる、職場の人間関係で失敗をなすりつける人

泣く女

濡れ衣を着せる人は、

現場の状況を分かっていないのに、分かっているふりをしている人です。

分かったふりをしているから、貴方からの進言を聞き入れない人です。

 

こんな人に限って、仕事が上手く行かないと、貴方のせいにします。

貴方の進言なんて、なかったことになっています。

 

ここでは、失敗をなすりつける人の、心理と対処法をみていきましょう。

>>馴染めない!!アノ人を上手くかわす、2つの対処法

失敗をなすりつける人の心理

失敗をなすり付ける人は、現場の状況をよく分かっていません。

仕事の視野が、せまいです。

しかも、状況を理解していないことに、気づいていません。

 

自分は仕事ができる人。

仕事の状況を一番分かっている。

誰よりも、仕事の先読みが出来ている。

そう思い込み、周囲の人にも思ってもらいたいと考えています。

 

そのため、いざ上手くいかなかったら、事実を認められず、

貴方のせいにしてしまうのです。

貴方に濡れ衣を着せて、自分を守ろうとします。

>>感情的になった相手を黙らせる!ストレスを減らす3つの方法

Advertisement

濡れ衣を着せる、失敗をなすりつける人の対処法 step1

実は、濡れ衣を着せられた時は、職場で貴方の味方をつくるチャンスです!

チャンスをものにするために、簡単な段取りを踏みましょう。

 

まず、やりとりは、記録に残します。

貴方だけの記録ではなく、部署やチーム全体が見られる状態にして記録を残します。

部署内の、より多くの人が見るメールやノートで、指示を受けるようにして、記録に残します。

 

記録に残せない場合は、周囲の人の頭の中に記憶を残します。

記憶に残す具体的な方法は、

本来、貴方と相手だけで話せば良い内容でも、

あえて皆がいる前で報告や相談をして、上司から指示を受けます。

>>ぞんざいに扱わないで!否定する人の対処法!

濡れ衣を着せる、失敗をなすりつける人の対処法 step2

指示を受けたら、あえて皆の前で、貴方の意見を上司や同僚に伝えます。

「ご提示の方法でしたら、期日が3日間に合わない可能性がありますが、よろしいでしょうか?」

「この内容だと、この理由で上手くいかないよ。この案を入れるのは、どう?」

と、伝えます。

 

貴方がこの内容は無理だろ!と、思ったことを上司や同僚に伝えても、

「いいんだよ、これで」

「そんなはずはない」

と、言うかもしれません。

 

なにせ視野がせまいので、貴方の意見を聞かない可能性が高いです。

貴方が意見を言っても指示が変わらない時は、「はい」と素直に受けます。

人間として尊敬できなくても、仕事ができなくても、上司は上司です。命令には従うしかありません。

強すぎる同僚とは、相談していても話し合いになりません。

 

濡れ衣を着せる上司や同僚から、貴方のせいにされることを減らすために、

皆の前で話ししたり、情報共有したりして、証拠を残しましょう。

>>ポンコツかよ!!ダメ上司を動かす方法

濡れ衣を着せる、失敗をなすりつける人の対処法の メリット

貴方が意見を言っても、言わなくても、上司の指示が変わらない。

同僚が強すぎて、話しても聞き入れて貰えない。

 

だったら、言わない方が良いんじゃない?

と思っている、そこの貴方!

そうですね。言うだけ、無駄と感じますよね。

 

ここでのポイントは、

貴方が今の方法だとダメだと気づいている。

上司や同僚にきちんと伝えている。

この2点を、周囲の人に分かってもらうことです。

 

貴方が問題点に気づいている。

貴方は、上司に進言している。

同僚と、話し合おうとした。

このことを、周囲が自然に気づくようにしておく。

 

そうすると、相手から失敗を擦り付けられたときに、

貴方は悪くない!と、周囲の人に分かります。

貴方のやるせない思いを分かってくれます。

濡れ衣を着せる相手とのやりとりは、記録か記憶に残して、味方をつくりましょう。

>>孤立した時の、スッキリ打開策とは!?

最後に

職場で失敗をなすりつける人の対処法は、いかがでしたか?

 

冒頭でもお伝えしたとおり、濡れ衣を着せてくる相手は、人間関係の荒波をうまく立ち回ります。

周囲の人から見えない場所で相手とやり取りしていると、

貴方は失敗ばかりする人のレッテルを貼られてしまいます。

 

ぜひ簡単な対策のstepを踏んで、相手の思惑をつぶして、貴方を守りましょう!

>>モラハラ!?イジメをする人の、2つの攻略法

ご相談コメント 受付中!(^^)

CTA-IMAGE いつでも ご相談・コメントを どうぞ!貴方のストレス 減らしちゃいましょう!

       お仕事カテゴリの人気記事      

/*//メニュー固定///*/