ぬるい!ぬるすぎる!!

職場の人間関係で、仕事が できない人の攻略法

ぬるい!ぬるすぎる!!</p>職場の人間関係で、仕事が できない人の攻略法

貴方の職場に仕事が遅い人って、いませんか?

締め切りぎりぎりに始めた結果、仕事が間に合わない。

時間が空いたときに、出来る事をやらない。

依頼した仕事を忘れていて、やっていない。

とにかく仕事ができない人!

 

こんな事があると

一緒に仕事をしていて、本当に困る!

と、思いますよね。

 

そうです!

相手が悪いんです!

貴方は計画的に仕事を進められる、常識のある立派な社会人です。

相手が仕事を進めないから悪いんです!

けれど、相手の仕事が遅かったり、忘れたりすると、貴方に相手の業務がのしかかってきます。

 

これなら、私がやったほうが早い!

と思っている、そこの貴方!

その考えは、危険です。

 

貴方が代わりにやる仕事が、1個や2個だったら良いです。

しかし、代わりにやる仕事が増えすぎた場合、あなた自身の仕事がおろそかになります。

本来、貴方がするべき仕事がおろそかになると、貴方の評価が下がってしまいます。

 

今回は、仕事ができない、ぬるい同僚の攻略法をお伝えしていきます。

この記事を最後まで読むと、仕事ができない、ぬるい同僚に仕事をやらせることができ、

貴方の仕事の量が減ります。

長い文章ですが、最後までお読みください。

>>疎外感を感じる!!人間関係の2つの改善策

Advertisement

職場の人間関係で困る、仕事ができなすぎる人

見る女

仕事ができない人には、いくつかのタイプがあります。

仕事を忘れる人。

締め切りぎりぎりに仕事を始める人。

自分の仕事を管理できない人。

 

こんなタイプの相手でも、

「自分は、頑張っている」

「一生懸命やっている」

と、思っています。

 

タイプ別に心理をみてみましょう。

>>感情的になった相手を黙らせる!ストレスを減らす3つの方法

仕事が出来ない 忘れる人の心理

伝えてあったのに、また忘れている。

なぜ?と思うほど、仕事を忘れる人っていますよね。

 

その相手は、わざと忘れようとしているわけではありません。

「やらなきゃ」と思っていても、他の仕事をすると、もう覚えていないのです。

 

そんな相手に忘れたことを指摘しても、

「わざとじゃない」

「忙しかったから、しょうがない」

「自分は悪くない」

と、思っています。

>>馴染めない!!アノ人を上手くかわすのは、たった2つの対処法

Advertisement

仕事が出来ない 忘れる人の対処法

仕事を忘れる人は、単純な話、記憶力が悪いです。

しかし、自分の記憶力の限度を理解していません。

限度を理解していないため、メモを取ったり、スケジュールに入れ込んだりしません。

 

貴方は忘れてしまう人に、前もって声をかけて、対策しているでしょう。

 

常識のある社会人の

「貴方にとって予定を確認する、ちょうど良いタイミング」は、

「相手にとって、早すぎ」ます。

貴方と相手の記憶力に差があるので、相手にとっては時間が空きすぎてしまうのです。

相手にとって、ちょうど良いタイミングで声をかけましょう。

 

「そこまで必要なの?」

と思っている、そこの貴方!

貴方の感覚は正しい!

本来は、そこまでする必要がありません。

けれど、相手が仕事を忘れてしまって貴方に降りかかってくるくらいなら、

相手にやってもらったほうが、貴方の時間を有効活用できます。笑

 

「この人のなかに記憶力という文字はあるのか…」

と思うほど、記憶力が悪い時は、直前に声をかけます。

当日に声をかけられない場合は、前日にメモで渡し、

「忘れないように、ここに貼っとくね」

と相手の目の前で、目に付くところへ貼ります。

 

声をかけて、メモを見せる。聴覚と視覚で、印象付ける。

そして、目に付くところへ貼っておけば、覚えていなくても視界に入り気づいてもらえます。

>>ぞんざいに扱わないで!否定する人の対処法!

自分の仕事を管理できない人の心理

自分の仕事を管理できず、締め切りぎりぎりに仕事を始める。

結果的に間に合わない。

こんな人っていますよね。

 

相手は、ちょうど良く間に合う時期から、仕事を始めています。

相手にとって「ちょうど良い時期」とは、他の仕事のことを考えていません。

しかし、仕事は予定通りにいかないものです。

突発的な仕事が入って、結果的に間に合わないのです。

 

相手は、

「ちゃんと締め切りから逆算していた」

「急な仕事が入ったせいだから、しょうがない」

「自分は悪くない」

と、思っています。

>>ポンコツかよ!!ダメ上司を動かす方法

自分の仕事を管理できない人の対処法

社会人なら、仕事の予定が入ったらスケジュールに入れ込み、自分で管理して行くものです。

突発的な仕事が入っても良いように、

常識のある社会人の貴方は、前もってできることを進めているでしょう。

 

自分の仕事を管理できない人。

そんな人に限って、余裕のあるときにできる事をやりません。

 

自分の仕事を管理して欲しい。

前もってやればよいのに。

と思う相手は、スケジュールを管理しちゃいましょう。

 

スケジュールを管理すると言っても、貴方が同僚の場合は、指示されることを嫌がる人もいます。

そんなときは、貴方から相談をしているふりをして、スケジュールをイメージしてもらいます。

 

例えば「月末は予定がなくても、あんな仕事やこんな仕事が入るよね。

いつも早くから仕事を始めているのに、ぎりぎりになっちゃう。

今から始めたほうが良いかな?」

 

相手は相談されたら、貴方の仕事を考え、自分の仕事もイメージしやすくなります。

自分の仕事をイメージする。それがスケジュール管理になります。

 

「相手のスケジュールまで管理する筋合いは、ない!」

と、思っている貴方!

そうです。その通りです!

 

けれど、締め切りぎりぎりになって貴方が手伝ったり、代わりに仕事をする場合と比べると、

相談するふりをしたほうが短い時間で解決できます。

 

仕事の時間は限られています。

時間を有効活用して、貴方が本来するべきの仕事の完成度をあげましょう。

>>孤立した時の、スッキリ打開策とは!?

最後に

今回は、ぬるい仕事をする人の代表的なタイプをお伝えしました。いかがでしたか?

 

ここまでやっても、相手が仕事を忘れ、前もって仕事を進めなかった。

安心してください。

相手のデスクに貼ったメモが、貴方の働きかけの証拠として残っています。

周囲には、貴方が相手を充分フォローしていたことが伝わります。

 

仕事の時間は限られています。

相手の気分を悪くさせずにフォローする。

これが、貴方の時間を有効活用することにつながります。

>>もはや老害!話が長すぎる上司の3つの対処法

ご相談コメント 受付中!(^^)

CTA-IMAGE いつでも ご相談・コメントを どうぞ!貴方のストレス 減らしちゃいましょう!

       お仕事カテゴリの人気記事      

/*//メニュー固定///*/