マウンティング!!

職場の人間関係で鼻につく、アノ人の対処法

マウンティング!!</p>職場の人間関係で鼻につく、アノ人の対処法

職場で、どんな話題でも自分の話にしちゃう人って、いませんか?

 

貴方や周囲の人が

「ダイエットしたら、3キロ減ったの!」

「誕生日に美味しいワインのお店に連れてってもらったの」

と、話し始めると…

「へ~。私なんて、5キロもダイエットしたことあるよ」

「私も昨日ワイン飲んで、渋かったよ。美味しいワインより渋いワインの方が高級だよね」

と、ろくに話も聞かずに、自分の話をして、

「私の方が貴方より上よ!」

と、マウンティングする人。

仕事の相談をしていると、よく分かっていないのに口をだしてくる上司や同僚。

 

こんなことがあると、

またマウンティングかよ!はいはい。いつでも凄いのは、あなたですよ。

仕事の詳細が分からないのに、口出しして…。

と、面白くないし、面倒ですよね。

 

今回は、職場の人間関係で、

プライベートの話題も、仕事の話題も、どんな話題にも入ってくる人について、お伝えします。

この記事を最後まで読むと、マウンティングする人の心理がわかります。

職場でマウンティングする、アノ人の鼻をポキンと折りましょう!

>>ポンコツかよ!!ダメな上司を動かす方法

Advertisement

職場の人間関係で、どんな話でもマウンティングする人の心理

話を広げると、良いコミュニケーションになります。

けれど、最初くらい話を聞けよ~と思いますよね。

貴方が話し始めると、自分の話にすりかえる人には、2つのタイプがいます。

 

一つ目のタイプは、わざと人の話を取っている人。

その人は、心の中が劣等感のかたまりになっています。

 

貴方に関係する話題を、奪い取ります。

可愛い。美人。仕事ができる。うらやましい彼氏がいる。良い家柄。などなど。

相手は「貴方より劣っている」と、貴方をうらやましく思い、嫉妬して、やきもちを焼いて、

劣等感を強く感じています。

 

嫉妬心を押さえきれず、

「どうにかして、貴方より上回っている部分を、みせたい!わからせたい!」

と、思っています。

 

二つめのタイプは、自覚せずに人の話を取ってしまう人。

その人は、何も考えていません。考えなさすぎです。笑

 

誰かが出した話題で、自分の経験を思い出し、話したくなったから話す。

と、子供のような純粋さで、貴方の話題を取ります。

>>人間関係をかき回すのは、やめて!!態度を変える人の攻略法はコレ!

マウンティングしてくる人の、タイプを見極める

マウンティングしてきたら、先ほどお伝えした二つのタイプのうち、どちらのタイプなのか見極めましょう。

見極めるポイントは、簡単です。

奪い取られた話題をもとの話題に戻したとき、どのような反応をするか。

それだけで、見極められます。

 

一つめのタイプは、もとの話題に戻したときに、

表情が曇ったり、さらに話題を奪い返そうとしたります。

対象者がいなくなってから、「あの人ってさ~」と、言いだします。

劣等感が強く、ヘビのような執念深さをもった人です。

 

二つ目のタイプは、もとの話題に戻っても、ニコニコと話題についてきます。

年齢に関係なく、素直で無邪気な人です。

>>危険な人!?陰口や愚痴には、この対策!

Advertisement

マウンティングしてくる人に、逆襲するには!?

マウンティングする人のタイプがわかったら、貴方のストレスに合わせて逆襲しちゃいましょう!

 

一つ目のタイプは、

相手がマウンティングして劣等感をなくそうとしている間、

「凄いね~」「さすがだね~」

と、話を聞いてあげます。

 

そして、相手が話し終わる頃に、貴方から逆にマウンティングしちゃいましょう。

マウンティングの内容が、貴方が主役で相手より凄かったら、最高です!

相手が鼻高々と話していた話題より貴方の話題の方が上回り、相手の鼻はポキンと折れます。

 

貴方にマウンティングする内容がないときは、

周囲の人の話、相手が知らない知人、誰の内容でも良いです。

内容も、相手より凄くなくて良いです。相手の話と同じくらいで良いです。

「そう言えば、○○さんも同じだよね」

「友達も同じ事を言ってたね」

相手が話していることは、凄くない。特別なことではない。

と、しれ~っと伝えます。

 

相手は、気持ち良くマウンティングしていたのに、

自分より凄い人や同等の人が、身近にいることがわかります。

これも相手の鼻をポキンと折ることができます。

貴方が主役の話題でマウンティングをしたときのように根元から折れなかったとしても、

鼻先はポキンと折れます。笑

 

二つ目のタイプは、悪意がないです。

悪意がないので、貴方が相手と同じように話しても、嫌がりません。

 

こんな相手には、

「今はこっちの話でしょ」「たまには最後まで聞いてよ~」

と、貴方も思ったことを伝えちゃいましょう。

そうすると、すぐに貴方の話を聞いてくれます。

>>ぞんざいに扱わないで!否定する人の対処法!

職場の人間関係で困る、マウンティングしたがる上司

マウンティング

マウンティングの度が過ぎると、仕事の話も口を出し始めます。

「それって、こうした方が良いんじゃない」

言ってくる相手は、同僚だったり、上司だったりします。

 

もともとマウンティングをする人が

「自分の方が知ってるよ!」

と、口を出してきます。

分かってもいないのに、口を出したくなってしまうのです。

>>馴染めない!!アノ人を上手くかわす、2つの対処法

マウンティングしたがる、同僚の対処法

その同僚は、よく覚えていない内容、聞いたことのある内容など、

不確かな記憶で口を出してきます。

 

同僚から、相手は担当でないのに口を出されたら、聞き流しましょう。

相手には責任も何もないので、聞いた通りやってミスをしても貴方が困ります。

相手の話は、情報のひとつ、参考として聞き流しましょう。

>>疎外感を感じる!!人間関係の2つの改善策

マウンティングしたがる、上司の対処法

同僚なら聞き流せば良いですが、上司だと厄介です。

上司から話をされたら、無視するわけにいきません。

 

どんな内容にでも口を出してくる上司の対処は、

まずは、聞こえないふりをしましょう。

仕事に集中している、集中して話しこんでいるという姿勢をみせて、

自然な雰囲気で、聞こえないふりをしましょう。

 

それでも口をだす上司には、「承知しました」と返事します。

とんちんかんな内容だったら、「その方法ですと、こんな可能性があります」とひとつだけ伝えて、

あとは「承知しました」と、返事します。

なんにでも発言をしたいので、貴方が反論すればするほど、話が長引きます。

 

上司の話が短い時間で終わるようにして、あとは、仕事を淡々と進めます。

なんにでも口をだす上司は、いろいろな場面で発言しています。

深く考えずにいろいろな場面で発言しているので、自分が話した詳細を覚えていません。

あとから上司が「この前に話した内容と違う」と感じても、仕事が上手くいけば突っ込みようがありません。

仕事が完結していないときには、「あのあと再検討し、この方法になりました」と、

もともと貴方が考えていた内容を伝えれば、上司と話す時間が大幅に短縮します。

>>雑談がうるさい!?人間関係を壊さずにかわす、2つの対処法!

最後に

職場でマウンティングする人の対処法は、いかがでしたか。

マウンティングする人は、劣等感の強いさみしい人です。

 

貴方に嫉妬して、

プライベートでは自分の方が上!

仕事は自分の方がわかっている!

と、感じたいのです。

 

貴方が「またマウンティングかよ!」と感じても、

さみしい人だな、しょうがないな。と受け流しましょう。

>>感情的になった相手を黙らせる!ストレスを減らす3つの方法

ご相談コメント 受付中!(^^)

CTA-IMAGE いつでも ご相談・コメントを どうぞ!貴方のストレス 減らしちゃいましょう!

       女の世界カテゴリの人気記事      

/*//メニュー固定///*/