職場で干された!?人間関係を変える方法は1つだけ

職場で干された!?人間関係を変える方法は1つだけ

職場の人間関係は、楽しかったり面白かったりすることばかりではないですよね。

 

自分の考えとは違うことを、やらなければならなかったり、自分の思いを無視して、怒られたり。

就業時間のなかで終わらないほど、業務の量が多いこともあります。

 

そんなときには、

なんで、こんな事しなきゃならないんだろう。

ちゃんと、話を聞いてくれれば良いのに。

私ばかり怒られたり仕事が多かったりして、もしかして干されてる?

と、感じますよね。

 

今回は、職場の人間関係で干されたときについてお伝えします。

干された職場の環境は、貴方の行動ひとつで変わります。

最後まで読んで、職場の人間関係を変えていきましょう!

>>孤立したときの、スッキリ打開策とは!?

Advertisement

干される原因はどこ?

人間は感情の動物です。

 

理性的に考えて行動しようとしても、

無意識に感情が表情に出たり、感情をおさえられないこともあります。

 

自分の感情と向き合ってみましょう。

>>感情的になった相手を黙らせる!3つの方法!

怒られて 干される

理不尽に怒られたとき、

貴方はどのような感情を持ち、どのような表情になっていますか?

 

自分だけの責任ではないのに、自分だけ怒られた。

他の人の意見に合わせて仕事をして、怒られた。

上司が良いと言った方法でやったが、怒られた。

 

そんなときは、

なんで、自分だけ怒られなきゃならないんだろう。

自分は正しい選択を分かっていたのに。

上司が良いという方法でやっただけなのに。

と、納得できない感情を秘めています。

 

納得できない感情を秘めていると、いくら神妙に話を聞いていても、

表情や態度に納得できない感情がでてきてしまうことがあります。

 

怒られているときに納得できない感情が、表情や態度にでると

相手に「話しているのに、聞く気がない。」と伝わり、

「話をちゃんと聞かないから、悪い結果がでる。」

「話しても、しょうがない。」

と、だんだん人が離れていきます。

>>疎外感を感じる!原因と、2つの対処法!

Advertisement

理不尽に怒られて 干される

起こられて納得出来ない感情があるとき、理不尽に怒られたのは「貴方の仕事」です。

 

仕事の方法や選択、結果を怒られただけ。

貴方を丸ごと否定された訳ではない。

と、理解して、話を聞きましょう。

 

そうすると、相手にも周囲にも「素直に聞いている」と伝わり、人は離れません。

素直に話を聞く貴方は、人が離れないうえに、

貴方をフォローしたりアドバイスしたり、貴方にとってプラスになる行動をしてくれます。

>>馴染めない!アノ人を上手くかわすのは、たった2つの対処法!

指摘を受けて 干される

仕事の指摘を受けたとき、

貴方はどのような感情を持ち、どのような表情になっていますか?

 

分かっている事を言ってくる。

やろうとしていたところなのに、いちいち指摘してくる。

やったのに、確認してくる。

 

そんなときは、

言われなくても、分かっているのに。

やろうと思っていたのに。

やっているのに。

と、言われたくないという感情を秘めています。

 

言われたくないという感情を秘めていると、いくら普通に話を聞いていても、

表情や態度に言われたくないという感情がでてきてしまうことがあります。

 

指摘されたときに言われたくないという感情が、表情や態度にでると、

「せっかく言ってあげているのに、自分だけでできるならやってみろ」「二度と言わない」と

相手に思わせてしまい、だんだん人が離れていきます。

>>ぞんざいに扱わないで!!否定する人の心理と対処法!

指摘をされたうえに 干される

指摘をされて「言われなくても分かってるよ」「そんなこと言われたくないよ」と感じたとき、

一歩引いて相手の立場になって考えてみましょう。

 

貴方の仕事を上手く進めようとして、相手は指摘しています。

 

指摘した人からは、「分かっていない」「出来ていない」と感じて、指摘してきます。

理由は、皆が間違いやすく、つまづきやすいため。

または、貴方の過去の実績かもしれません。

 

世の中には、他の人が間違えていても、教えない人がいます。

間違えていても教えてくれない人に比べたら、

指摘してくれる人は、貴方の仕事を上手く進めようとしてくれている人です。

 

貴方の仕事を上手く進めようとしてくれているため、素直に聞きましょう。

素直に聞く貴方には、つまづきやすいときに、事前にフォローをする人がでてきます。

>>ポンコツかよ!!ダメ上司を動かす方法

忙しくて 干される

忙しいなかで、急な仕事の依頼や質問を受けたとき、

貴方はどのような感情を持ち、どのような表情になっていますか?

 

「忙しいのに言ってくるんじゃない!」「自分で解決しろ」「今かよ!」と、

やりたくない感情を秘めています。

 

やりたくない感情を秘めていると、表情や態度にやりたくない感情がでてきてしまうことがあります。

 

仕事の依頼や質問が来たときに、やりたくない感情が表情や態度にでると、

「この人には質問できない」「仕事の依頼ができない」と、仕事の協力をしない人だと映ります。

 

協力してくれない人には、周囲も貴方に協力しなくなり、

貴方のストレスが溜まっていきます。

>>人間関係をかき回すのは、やめて!!態度を変える人の攻略法はコレ!

干されないために

相手は、

今、困っています。

そのため、貴方が忙しい、このタイミングで仕事の協力の依頼や質問をしてきます。

 

まずは、話を聞きましょう。

 

その上で優先順位を判断し、すぐに解決できない場合は

「今の案件が終わったら、対応できる」

「この案件は、○○さんの方が的確に対応できる」

と、解決できる見通しを伝えましょう。

 

もし、貴方が他の人に質問したときに、

やりたくない感情が表情や態度にでて、話を聞かない人

話を聞いて、言葉で説明する人。

 

貴方がやられて嫌な方はどちらか?分かりますよね。

>>危険な人!?陰口や愚痴には、この対策!

最後に

職場で干されるについて、いかがでしたか?

 

怒られたとき、指摘されたとき、忙しいときに

貴方が秘めている感情を見つけられましたか?

 

無意識に感情が出てしまうとき、それは

「私を認めてほしい!」

という欲求の感情が、無意識に出ています。

 

指摘してくれる人は、貴方の仕事を上手く進めようとしてくれています。

忙しい中で質問する人は、今 困っています。

助けてあげれば、いつか貴方が困ったとき、すぐに助けてくれます。

 

貴方の欲求の感情は、表情や態度に出さずにしまっておいて、

相手の話を聞くことを優先しましょう。

 

「無意識にでてくる感情だから、

 表情や態度に出しているかなんて、自分では分からないよ。」

「自分は表情や態度に出していないはず」

と、思っているそこの貴方。

 

そうですね。自分では気づきにくい部分です。

 

そんな方は、普段から笑顔でいることを、意識しましょう。

指摘や質問されたときに、普段と表情が違うか、意識しましょう。

意識すれば、普段と違う表情か、鏡を見なくても分かります。

 

分かりづらい方は、

笑顔でいるときの顔の筋肉と、別の部位の筋肉を使っていたら

笑顔になっていないです。

 

相手のことを考えて笑顔で対応する。それがあなたのストレスを軽減する一番近道です。

指摘も質問も、仕事の依頼も笑顔で受けて、 貴方も相手も良い気分になって、人間関係を変えましょう!

>>息苦しい!?コミュニケーションが苦手でも改善できる、3つの方法!

ご相談コメント 受付中!(^^)

CTA-IMAGE いつでも ご相談・コメントを どうぞ!貴方のストレス 減らしちゃいましょう!

       女の世界カテゴリの人気記事      

/*//メニュー固定///*/